卒業式のための袴について

着物や袴のたたみ方とは?

着物や袴のたたみ方とは? 着物や袴を保管する時に、たたみ方をきちんとしておかないと、次に着る時に困ることがあります。
洋服と異なり、着物や袴には正しいたたみ方というものがあります。
着物の場合であれば、まずは広いスペースで着物を広げて、身ごろの縫い目に合わせて左上に前身ごろを合わせていきます。
さらにそれを背中心に合わせてたたみ、衿、袖を整えて半分の長さにたたみます。
この状態で保管しておけば、縫い目に合わせて折られているので着たときにたたみ皺のないきれいな状態で着ることが出来ます。
袴の場合も、最初にきれいに広げて、ひだを1枚1枚丁寧に整えていきます。
着物も袴も基本的には、縫い目などにあわせてたたむことで、長期間保管しておいてもたたみ皺が目立たなく、きれいな状態で切ることができます。
反対に間違えたたたみ方をしてしまうと、身ごろの中心部分などの目立つ部分におり皺が出来てしまいます。
深く付いた皺はなかなか取れないので、注意しましょう。

着物や袴の着こなし方

着物や袴の着こなし方 着物や袴の着こなし方については、大人の女性にとって、興味深い事柄として扱われることがあります。
とりわけ、礼儀作法をしっかりとマスターするうえで、このような着物のメリットをじっくりと理解することが欠かせないテーマと言えます。
現在のところ、色々なデザインの袴が市販されていますが、常日ごろから正しい着こなし方を理解するうえで、専門家のサポートを活用することがオススメです。
人気の高い袴の見分け方に関しては、一般の女性であっても、簡単に理解を深めることができるため、少しでも知りたいことがある場合には、同様の悩みを持つ人々と意見を交わすことが良いでしょう。
定番の袴の着こなしについては、大手のファッション誌などで度々特集が組まれることがありますが、将来的なトラブルを前もって防ぐために、色々な立場の人のアドバイスを参考にすることが大事です。
その他、人気商品のメリットやデメリットを厳しく比較することが成功の秘訣です。

新着情報

◎2017/2/6

袴や着物のレンタル方法
の情報を更新しました。

「袴 着こなし」
に関連するツイート
Twitter